« レッスン21回目 だめだめ。。。(ノДT) | トップページ | またまたぶっ飛んだ、youtube »

2011年2月26日 (土)

ボーイング矯正器開発!

前回のレッスンのときも先生にいわれたんですが、私のボーイング、やっぱり曲がってるんですよ。。。
で、そのためにA線などに移弦したときに、音が乗らないんで、きれいな音が出ないみたいです。

たぶん、多くの方がチェロを始めて、悩むのが弦に対して、常に直角になっていることをさんざん先生にいわれて悩んだ方は多いと思いますね。
わたしも、同様です。

だって、人間の腕は、素直に動かすと、円弧を描くような間接構造になっています。手先を直線状に動かすには、肩、肘、手首の角度を位置によってスムーズに連携して動かせていかないといけません。これは、日常の動作にしては、かなり不自然です。難しいところですよね。。

で、みんな鏡を見たりとかして練習するんですが、これがなかなか一筋縄でいかない。
私の先生から教えてもらった方法は、こんな矯正器具をチェロにはめて、ボーイングの練習をするというもの。。。


ボール紙に弦の間隔の切込みを入れて、これをボーイング位置に挟んで、練習するというもの。。

$チェロをはじめるだす。。。


ただ、これ、お分かりのように、音出ません。弦を紙で押さえているので、当然ですね。

だから、これで曲の練習はできないんです。いわゆる、卓球の素振りみたいなものはできます。

私らが、実は悩んでいるのは、素振りのときはできるけど、球を打つときになると、とたんにできなくなるという悩み。。。

で、かんがえました!

ご用意いただくのは、どなたのご家庭にもある(??)薄い透明のプラ板と、お店とかで値札を掲示するときにつかう、クリップ2個。


$チェロをはじめるだす。。。

あとは、はさみで下記の形に切り取り、点線のところで、折り目をつけます。
ポイントは、絶対サイドのところを一回曲げておきます。これをしておかないと、弓の毛がバシバシ切れます。(T_T;

$チェロをはじめるだす。。。

あとは、両端を値札クリップにはさんで完成です。


$チェロをはじめるだす。。。


クリップを使って、チェロの駒に装着するだけ。。。つけるとこうなります。

$チェロをはじめるだす。。。


これを使うと、音はちゃんとなるし、弓の位置もちゃんと矯正されます。
さらに、透明にすることで、視界をあまり変えずに、この器具をつけてもはずしても視覚的に同じ状況に近くすることができます。


実際にちょっとやってみましたが、駒が斜めになっているので、クリップのはさみ口にクッション性のあるものをつかったり、クリップの角度をちょっと曲げたり調整が必要でしたが、比較的簡単に目的の機能が達成できました。

おなじように、ボーイングで悩んでいる方
いかがでしょうか?

« レッスン21回目 だめだめ。。。(ノДT) | トップページ | またまたぶっ飛んだ、youtube »